オン・デマンドバス

危機に瀕する交通先進国、日本

世界経済フォーラムの最近の調査では、日本国内で持続可能な交通システムを有している自治体はわずか26%に留まっている。この事実が原動力となり、Spare Labsは2018年から日本の自治体やバス事業者との協業を開始した。